Rejected インプラント治療を断られてしまった方へ

断られた理由

他院でインプラント治療を断られてしまっても
決して諦めないでください!

このような理由で断られてしまった方はご相談ください

  • 全身疾患があり、手術ができない
  • 顎の骨の量が足りない
  • 顎の骨が薄い・細い・高さが足りない
  • 年齢で断られてしまった

豊富な経験と世界レベルの技術で患者さん一人ひとりにあった治療方法をご提案させていただきます。

全身疾患を理由に断られた方

全身疾患を理由に断られた方

持病があってもインプラント治療は
ほとんどのケースで対応できます

糖尿病や高血圧、心疾患、肝臓疾患、骨粗しょう症など、全身疾患があることでインプラント治療を断られてしまうというケースは多いです。
確かに以前は難しいともいわれていた、持病がある方のインプラント治療ですが、当院では患者さんのかかりつけ内科医に相談の上、許可があればインプラント治療を受けていただくことができます。それぞれの疾患の状態に合わせ適切に対応することで、持病があってもインプラント治療が可能になるケースは多いです。

治療方法

  • 糖尿病

    腎不全や心血管病変などの重篤な合併症がなく、手術前のコントロール基準値が条件を満たせばインプラント治療は可能です。
    血糖値:空腹時150mg/dl以上・最高値300mg/dl以下
    HbA1c:7~8%以下   尿ケトン体:(-)

  • 高血圧

    薬で血圧を下げるか、無痛鎮静法(点滴麻酔)で血圧の上昇を抑制すれば、手術をリラックスして受けられるため治療は可能です。重度の高血圧症の場合、かかりつけ内科医と相談します。

  • 心疾患

    かかりつけ内科医と相談の上、許可があればインプラント治療は可能です。狭心症や心筋梗塞、心臓弁膜症などで人工弁置換手術を受けた方や、重度の不整脈で体内型ペースメーカーを入れた方などは、特に緊密な連携をとって対応します。

  • 骨粗しょう症

    骨粗しょう症は腰や腕、踵の骨などの骨密度、骨量が減少するもので、顎の骨にはあまり関係ないとされています。そのため、骨粗しょう症であってもインプラント治療は可能です。ただし、骨粗しょう症の薬を服用している場合は、かかりつけ内科医に相談して服用を一旦やめていただきます。

顎の骨を理由に断られた方

顎の骨を理由に断られた方

インプラントを埋め込むための
骨を増やし対応します

骨が薄い・細い・高さが足りない、骨の量が足りないなど、顎の骨の状態を理由にインプラント治療を断られることがあります。当院では、骨造成や骨移植など歯を支える骨を増やす方法により、インプラント治療を行っています。もちろん、これらは高度な技術と豊富な経験が必要です。当院では多数の骨造成、骨移植治療実績があり、安心して手術を受けていただくことができます。そもそも東洋人と欧米人では顎の骨量に違いがあります。顎の骨を理由に断られた方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

治療方法

  • ソケットリフト

    上顎の奥歯の骨の量が足りない場合に用いるのがソケットリフトです。上顎の歯槽骨の上にある上顎洞という空洞に、下から穴を開けてすき間をつくり、骨造成を誘導する方法です。

  • サイナスリフト

    上顎と上顎洞の間が狭く、ソケットリフトが不可能な場合に用いるのがサイナスリフトです。上顎洞の側面から穴を開けてすき間をつくり、骨造成を誘導します。

  • GBR(骨組織誘導再生法)

    歯槽骨の幅や高さが足りない場合に骨量を増やす骨造成の技術です。インプラントが露出しているところに、メンブレンという特殊な人口膜を覆うことで、骨の再生が促進されます。

  • ソケットプリザベーション

    むし歯や歯周病などで抜歯した後、穴をそのままにしておくと骨が失われてしまいます。骨が失われた部分に人工骨(骨補填剤)を入れて再生し、インプラントを埋入できる状態にするのがソケットプリザベーションです。

  • エクストルージョン

    歯根だけが歯肉の中に残っている場合、針金とゴムを用いて引っ張り出す方法をエクストルージョンといいます。
    歯槽骨量が増え、歯肉が盛り上がるため、スムーズにインプラント治療を行うことができます。

  • CTG(結合組織移植術)

    歯肉退縮(歯肉が痩せて薄くなってしまう状態)が起こしている際に用いる方法です。上顎の口蓋から結合組織のみを採取し、歯肉退縮を起こしている部分の上皮と骨膜の間に移植することで、歯肉を増やします。

  • スプリットクレスト

    骨量が足りない、幅が狭い場合に、顎の骨を割って歯槽骨の幅を広げる方法です。切開した上で、特殊な器具を骨の頂上部に挿入して徐々に幅を拡大させ、そこにインプラントを埋入します。埋入したインプラントと骨の間には骨補填剤を注入しておきます。

インプラント相談は無料です

インプラントに関する疑問や不安がありましたら
まずは無料相談をご予約ください。
完全予約制です。ご予約はお早めにお願いします。